ピットタッチを使わずiPadを利用することで複数のメニューに対応しています。
1画面に最大6メニュー3タブに分けることも可能です(合計18メニュー)
※iPadソフトウェアライセンスで対応しています。