c Expand All C Collapse All

注文篇

iPadにQRコードリーダーを装着することでQRコードが利用できます。 但し、個人ごとのスマートフォンを利用するかスマートフォンがない場合は紙カード等に印刷する必要があります。 ※QRコードオプションで対応しています。

ピットタッチプロ2の場合、食事を受け取る列に1台設置する場合が多いのでカードをかざす際の音で判断できますが
iPad複数メニューの場合は厨房で何を頼まれたかがわからないです。口頭にて購入したものを厨房のスタッフに伝えている会社様もございますが
注文内容の突き合わせを厨房側で行う場合は厨房にオンラインタッチ情報確認画面(iPad)を設置して注文内容を即座に確認することができます。
※オンラインタッチ情報確認画面オプション

カスタマイズ篇

はい。可能です。
ご利用シーンに合わせてカスタマイズいたします。お気軽にお声かけ下さい。

はい。可能です。
ご利用シーンに合わせてカスタマイズいたします。お気軽にお声かけ下さい。

はい。可能です。
社員区分によって割引率を設定したり、割引金額、テンビキ金額を設定することが可能です。
※カスタマイズプランで対応可能です。

従業員利用画面篇

食事予約機能がございます。予約注文の締め切り日を設定することにより発注時に余計な食材を仕入れなくてもよくなりフードロス削減に効果があります。
食事予約は従業員のスマートフォンやPC、タブレットからの予約も可能ですので空き時間に食事予約をすることが可能になります。
また食事委託業者との予約個数の情報共有もWeb上で可能ですので便利なオプションサービスとなります。
※予約オプションで対応しています。

はい。対応しています。
スマートフォンやタブレット、PCからの予約やタッチパネルからの予約、1ヶ月分の予約等にも柔軟に対応しています。
※食事予約オプションにて対応しております。

予約期限内、キャンセル期限内であれば可能です。
管理画面からはいつでも予約、キャンセル可能です。
※食事予約オプションで対応しています

はい。可能です。
カレンダーで休日を設定することが可能です。
休日に設定された日は予約不可となります。
※食事予約オプション、弁当予約オプション

予約篇

食事予約機能がございます。予約注文の締め切り日を設定することにより発注時に余計な食材を仕入れなくてもよくなりフードロス削減に効果があります。
食事予約は従業員のスマートフォンやPC、タブレットからの予約も可能ですので空き時間に食事予約をすることが可能になります。
また食事委託業者との予約個数の情報共有もWeb上で可能ですので便利なオプションサービスとなります。
※予約オプションで対応しています。

はい。対応しています。
スマートフォンやタブレット、PCからの予約やタッチパネルからの予約、1ヶ月分の予約等にも柔軟に対応しています。
※弁当予約オプションにて対応しております。

予約期限内、キャンセル期限内であれば可能です。
管理画面からはいつでも予約、キャンセル可能です。
※食事予約オプションで対応しています

はい。可能です。
カレンダーで休日を設定することが可能です。
休日に設定された日は予約不可となります。
※食事予約オプション、弁当予約オプション

管理画面篇

企業それぞれ運用方法が違いますので箇条書きでご回答いたします。
●予約運用による効果
-SDGs(Foodロス、食品ロス、ペーパーレス)の実現
●本業への投資、変革へ(DX)デジタルトランスフォーメーション
-食券を印刷する、当日の食券などの数える、確認する、食券を販売する、食券もぎる(名前の確認)、紙のチェックシートのチェックを数える、食券機の釣り銭用意、委託業者への連絡など人的作業をなくして本業への投資に時間を有効利用することができます。
●食券運用の廃止
-釣り銭用意の不要
-食券の廃止
-リース保守の更新不要
●委託業者とのやりとり
-予約によるフードロスの削減できます
-TEL or FAX注文の廃止できます(Web利用による)
-請求額、喫食個数の確認作業が明確になります
●給与天引きによる効果
-現金での食券販売管理不要
-コロナ禍による現金受け渡しの不安解消
-食事代の一括でCSVアップロードで簡単給与天引き
-食券機の前の列やチャージ機の行列待ち解消による福利厚生(従業員満足度)のUP
-食事手当などのデジタル化が明確
●社員証や入室管理カードがそのまま利用可能
-新しくカードを発行することなく既存カードでの運用で新規発行カードの設備投資を抑えます。

はい。可能です。
社員区分によって割引率を設定したり、割引金額、テンビキ金額を設定することが可能です。
※カスタマイズプランで対応可能です。

社員登録には管理画面からのひとりずつの登録とCSVファイルを用いた一括登録機能があります。
FeliCa(フェリカ)のIDm、Mifere(マイフェア)のUIDについてはカード発行会社にご確認ください。
カード作成会社より番号一覧が取得できない場合は個人ごとの(1枚ずつ)の番号確認が必要になります。

社員TouchPayシステム管理画面から排出されるCSVファイル出力で対応しています。
※基本機能

はい。可能です。
複数拠点オプションを利用することで本社でまとめて経理処理が可能です。
拠点ごとに分けて喫食CSVを出力したり期間を区切って喫食CSV出力をすることが可能です。
※拠点追加オプションで対応可能です

はい。可能です。
カレンダーで休日を設定することが可能です。
休日に設定された日は予約不可となります。
※食事予約オプション、弁当予約オプション

SDGs篇

食事予約機能がございます。予約注文の締め切り日を設定することにより発注時に余計な食材を仕入れなくてもよくなりフードロス削減に効果があります。
食事予約は従業員のスマートフォンやPC、タブレットからの予約も可能ですので空き時間に食事予約をすることが可能になります。
また食事委託業者との予約個数の情報共有もWeb上で可能ですので便利なオプションサービスとなります。
※予約オプションで対応しています。

アジルコア(AGILECORE)では事業構造のトランスフォーメーション支援に特化したINDUSTRIAL-X協業パートナーとしてデジタルトランスフォーメーションを実現するために、 現場を可視化する、通信する、分析する、データ連携するといった技術や人材についてのResource as a Service 産業構造への変革を支援するすべての“リソース”を提供する戦略、ビジネスモデル、人、モノ、カネ、情報、セキュリティを代金支払いの考え方やパターンと合わせて包括的に提供するサービスResource Cloudに参加しております。
Resource Cloudは株式会社INDUSTRIAL-Xが運営するデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた様々な課題解決手段を包括的にサービスとして提供するビジネスコンセプト「Resource as a Service」を具現化したオンライン会員制サービスです。会員登録をして頂くと既に様々な企業で稼働実績があり、効果が十分に検証されたIoTやSaaS、そして導入人材などの様々なサービスが調達・発注手配可能な企業とアライアンスをしております。

企業それぞれ運用方法が違いますので箇条書きでご回答いたします。
●予約運用による効果
-SDGs(Foodロス、食品ロス、ペーパーレス)の実現
●本業への投資、変革へ(DX)デジタルトランスフォーメーション
-食券を印刷する、当日の食券などの数える、確認する、食券を販売する、食券もぎる(名前の確認)、紙のチェックシートのチェックを数える、食券機の釣り銭用意、委託業者への連絡など人的作業をなくして本業への投資に時間を有効利用することができます。
●食券運用の廃止
-釣り銭用意の不要
-食券の廃止
-リース保守の更新不要
●委託業者とのやりとり
-予約によるフードロスの削減できます
-TEL or FAX注文の廃止できます(Web利用による)
-請求額、喫食個数の確認作業が明確になります
●給与天引きによる効果
-現金での食券販売管理不要
-コロナ禍による現金受け渡しの不安解消
-食事代の一括でCSVアップロードで簡単給与天引き
-食券機の前の列やチャージ機の行列待ち解消による福利厚生(従業員満足度)のUP
-食事手当などのデジタル化が明確
●社員証や入室管理カードがそのまま利用可能
-新しくカードを発行することなく既存カードでの運用で新規発行カードの設備投資を抑えます。

プリンタによるレシート出力はカスタマイズで可能ではございますが
当社では昨今のペーパーレス、DX、SDGsを鑑み推奨はしておりません。
また半導体不足によりレシートプリンターの製造に影響が出ておりますので納期にも支障が出ております。
※オンラインタッチ情報確認画面オプションでペーパーレスが可能です。

はい。可能です。
社員証などのICカードをタッチすることで喫食データをクラウド上のデータベースに記録します。
食堂のペーパーレス、食券機レス、紙のチェックレスを実現します。
食券をもぎって裏に名前を記載するような作業もなくなります。
弊社にて給与明細も電子化のご提案も可能です。

食事予約オプションに食堂委託業者連携が含まれています。
予約の締め切り以降に食堂委託業者がその日の予約を確認し食材の調達や人員の配置を検討することが可能です。
フードロス、食品ロスを少しでも減らせるようにご導入をお奨めしています。
※食事予約オプション

DX篇

はい。対応しています。
社員TouchPayではAWS(EC2、ELB、RDS、S3、その他機能)を利用しております。

アジルコア(AGILECORE)では事業構造のトランスフォーメーション支援に特化したINDUSTRIAL-X協業パートナーとしてデジタルトランスフォーメーションを実現するために、 現場を可視化する、通信する、分析する、データ連携するといった技術や人材についてのResource as a Service 産業構造への変革を支援するすべての“リソース”を提供する戦略、ビジネスモデル、人、モノ、カネ、情報、セキュリティを代金支払いの考え方やパターンと合わせて包括的に提供するサービスResource Cloudに参加しております。
Resource Cloudは株式会社INDUSTRIAL-Xが運営するデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた様々な課題解決手段を包括的にサービスとして提供するビジネスコンセプト「Resource as a Service」を具現化したオンライン会員制サービスです。会員登録をして頂くと既に様々な企業で稼働実績があり、効果が十分に検証されたIoTやSaaS、そして導入人材などの様々なサービスが調達・発注手配可能な企業とアライアンスをしております。

企業それぞれ運用方法が違いますので箇条書きでご回答いたします。
●予約運用による効果
-SDGs(Foodロス、食品ロス、ペーパーレス)の実現
●本業への投資、変革へ(DX)デジタルトランスフォーメーション
-食券を印刷する、当日の食券などの数える、確認する、食券を販売する、食券もぎる(名前の確認)、紙のチェックシートのチェックを数える、食券機の釣り銭用意、委託業者への連絡など人的作業をなくして本業への投資に時間を有効利用することができます。
●食券運用の廃止
-釣り銭用意の不要
-食券の廃止
-リース保守の更新不要
●委託業者とのやりとり
-予約によるフードロスの削減できます
-TEL or FAX注文の廃止できます(Web利用による)
-請求額、喫食個数の確認作業が明確になります
●給与天引きによる効果
-現金での食券販売管理不要
-コロナ禍による現金受け渡しの不安解消
-食事代の一括でCSVアップロードで簡単給与天引き
-食券機の前の列やチャージ機の行列待ち解消による福利厚生(従業員満足度)のUP
-食事手当などのデジタル化が明確
●社員証や入室管理カードがそのまま利用可能
-新しくカードを発行することなく既存カードでの運用で新規発行カードの設備投資を抑えます。

ピットタッチプロ2は、1メニュー1台利用が基本です。(表示は1台1メニューですが、ピットタッチ内部では6種類のメニューを手動で変更することは可能です)
例えば、A定食、B定食、麺類の3種類のメニューがあり、3列の並び列があるとすれば
3台のピットタッチプロ2を用意することをお奨めします。
ピットタッチプロ2はオペレーションをすることなくカードをタッチすだけで喫食管理できますので並び列に1台用意する運用に適しています。
オペレーションをすることなくカードタッチするだけですので間違いも少なくなります。

iPadは複数メニューのある食堂に適しています。
例えば、定食A、定食B、日替わり定食、うどん、そば、ラーメン、丼物、カレー、小鉢、フルーツ、デザート、ドリンク等選択式にピックアップする場合などに適応します。
それぞれの価格が異なり統一できない場合はiPad利用が便利です。
オペレーションとしては喫食するものを選択してカードをタッチする必要があります。
※タッチされたメニューを厨房側で確認するには厨房側に注文情報を表示するオプションが便利です。
※厨房表示オプションで対応しています。

プリンタによるレシート出力はカスタマイズで可能ではございますが
当社では昨今のペーパーレス、DX、SDGsを鑑み推奨はしておりません。
また半導体不足によりレシートプリンターの製造に影響が出ておりますので納期にも支障が出ております。
※オンラインタッチ情報確認画面オプションでペーパーレスが可能です。

ピットタッチプロ2の場合、食事を受け取る列に1台設置する場合が多いのでカードをかざす際の音で判断できますが
iPad複数メニューの場合は厨房で何を頼まれたかがわからないです。口頭にて購入したものを厨房のスタッフに伝えている会社様もございますが
注文内容の突き合わせを厨房側で行う場合は厨房にオンラインタッチ情報確認画面(iPad)を設置して注文内容を即座に確認することができます。
※オンラインタッチ情報確認画面オプション

はい。可能です。
社員証などのICカードをタッチすることで喫食データをクラウド上のデータベースに記録します。
食堂のペーパーレス、食券機レス、紙のチェックレスを実現します。
食券をもぎって裏に名前を記載するような作業もなくなります。
弊社にて給与明細も電子化のご提案も可能です。

食事予約オプションに食堂委託業者連携が含まれています。
予約の締め切り以降に食堂委託業者がその日の予約を確認し食材の調達や人員の配置を検討することが可能です。
フードロス、食品ロスを少しでも減らせるようにご導入をお奨めしています。
※食事予約オプション

ハード篇

iPadにQRコードリーダーを装着することでQRコードが利用できます。
但し、個人ごとのスマートフォンを利用するかスマートフォンがない場合は紙カード等に印刷する必要があります。
※QRコードオプションで対応しています。

ピットタッチプロ2は、1メニュー1台利用が基本です。(表示は1台1メニューですが、ピットタッチ内部では6種類のメニューを手動で変更することは可能です)
例えば、A定食、B定食、麺類の3種類のメニューがあり、3列の並び列があるとすれば
3台のピットタッチプロ2を用意することをお奨めします。
ピットタッチプロ2はオペレーションをすることなくカードをタッチすだけで喫食管理できますので並び列に1台用意する運用に適しています。
オペレーションをすることなくカードタッチするだけですので間違いも少なくなります。

iPadは複数メニューのある食堂に適しています。
例えば、定食A、定食B、日替わり定食、うどん、そば、ラーメン、丼物、カレー、小鉢、フルーツ、デザート、ドリンク等選択式にピックアップする場合などに適応します。
それぞれの価格が異なり統一できない場合はiPad利用が便利です。
オペレーションとしては喫食するものを選択してカードをタッチする必要があります。
※タッチされたメニューを厨房側で確認するには厨房側に注文情報を表示するオプションが便利です。
※厨房表示オプションで対応しています。

TouchPay端末の寸法図
高さ14.5㎝
幅 11.5㎝
奥行 10.5㎝ 

プリンタによるレシート出力はカスタマイズで可能ではございますが
当社では昨今のペーパーレス、DX、SDGsを鑑み推奨はしておりません。
また半導体不足によりレシートプリンターの製造に影響が出ておりますので納期にも支障が出ております。
※オンラインタッチ情報確認画面オプションでペーパーレスが可能です。

専用のテンキーを装着することで任意の金額を設定することができます。
※テンキーオプションで対応しております。

はい。利用できます。
回線が不通な場合約1万件程のデータはカードリーダー自体に記録されます。回線が接続された時点で自動的にWebサーバーにデータが転送されます。

はい。対応しています。
無線LANアダプターを使用することで無線LANを利用することができます。
有線LAN、無線LAN、3G通信に対応したネットワーク機能を搭載しています。

対応ネットワーク
●有線LAN
●無線LAN
バッファロー社製 WLI-UC-GNM
バッファロー社製 WLI-UC-GNM2
バッファロー社製 WLI-UC-GNME
アイ・オー・データ機器社製 WN-G150UM
プラネックスコミュニケーションズ社製 GW-USNANO2A

ピットタッチを使わずiPadを利用することで複数のメニューに対応しています。
1画面に最大6メニュー3タブに分けることも可能です(合計18メニュー)
※iPadソフトウェアライセンスで対応しています。

ピットタッチプロ2の場合、食事を受け取る列に1台設置する場合が多いのでカードをかざす際の音で判断できますが
iPad複数メニューの場合は厨房で何を頼まれたかがわからないです。口頭にて購入したものを厨房のスタッフに伝えている会社様もございますが
注文内容の突き合わせを厨房側で行う場合は厨房にオンラインタッチ情報確認画面(iPad)を設置して注文内容を即座に確認することができます。
※オンラインタッチ情報確認画面オプション

オプション篇

iPadにQRコードリーダーを装着することでQRコードが利用できます。
但し、個人ごとのスマートフォンを利用するかスマートフォンがない場合は紙カード等に印刷する必要があります。
※QRコードオプションで対応しています。

食事予約(Web・Touch端末)
弁当予約(Web・Touch端末)
社員用喫食確認Web画面
複数拠点管理(拠点追加)
厨房キッチンオンラインメニュー確認 
タッチ系音声変更
標準帳票出力項目変更
QRコード利用
食堂業者向け管理画面
iPadソフトウェアライセンス追加
タッチ音声変更

ピットタッチプロ2は、1メニュー1台利用が基本です。(表示は1台1メニューですが、ピットタッチ内部では6種類のメニューを手動で変更することは可能です)
例えば、A定食、B定食、麺類の3種類のメニューがあり、3列の並び列があるとすれば
3台のピットタッチプロ2を用意することをお奨めします。
ピットタッチプロ2はオペレーションをすることなくカードをタッチすだけで喫食管理できますので並び列に1台用意する運用に適しています。
オペレーションをすることなくカードタッチするだけですので間違いも少なくなります。

iPadは複数メニューのある食堂に適しています。
例えば、定食A、定食B、日替わり定食、うどん、そば、ラーメン、丼物、カレー、小鉢、フルーツ、デザート、ドリンク等選択式にピックアップする場合などに適応します。
それぞれの価格が異なり統一できない場合はiPad利用が便利です。
オペレーションとしては喫食するものを選択してカードをタッチする必要があります。
※タッチされたメニューを厨房側で確認するには厨房側に注文情報を表示するオプションが便利です。
※厨房表示オプションで対応しています。

プリンタによるレシート出力はカスタマイズで可能ではございますが
当社では昨今のペーパーレス、DX、SDGsを鑑み推奨はしておりません。
また半導体不足によりレシートプリンターの製造に影響が出ておりますので納期にも支障が出ております。
※オンラインタッチ情報確認画面オプションでペーパーレスが可能です。

はい。可能です。
導入後に拠点を追加する場合は拠点追加オプションが便利です。
また導入後のプラン変更も可能ですのでお気軽にお尋ねください。
※拠点追加オプション

専用のテンキーを装着することで任意の金額を設定することができます。
※テンキーオプションで対応しております。

はい。対応しています。
スマートフォンやタブレット、PCからの予約やタッチパネルからの予約、1ヶ月分の予約等にも柔軟に対応しています。
※弁当予約オプションにて対応しております。

はい。可能です。
従業員様はスマートフォンやPC、タブレット等インターネットを通して喫食確認をすることができます。
※社員用喫食確認Web画面オプション

ピットタッチを使わずiPadを利用することで複数のメニューに対応しています。
1画面に最大6メニュー3タブに分けることも可能です(合計18メニュー)
※iPadソフトウェアライセンスで対応しています。

はい。可能です。
複数拠点オプションを利用することで本社でまとめて経理処理が可能です。
拠点ごとに分けて喫食CSVを出力したり期間を区切って喫食CSV出力をすることが可能です。
※拠点追加オプションで対応可能です

はい。対応しています。
スマートフォンやタブレット、PCからの予約やタッチパネルからの予約、1ヶ月分の予約等にも柔軟に対応しています。
※食事予約オプションにて対応しております。

予約期限内、キャンセル期限内であれば可能です。
管理画面からはいつでも予約、キャンセル可能です。
※食事予約オプションで対応しています

ピットタッチプロ2の場合、食事を受け取る列に1台設置する場合が多いのでカードをかざす際の音で判断できますが
iPad複数メニューの場合は厨房で何を頼まれたかがわからないです。口頭にて購入したものを厨房のスタッフに伝えている会社様もございますが
注文内容の突き合わせを厨房側で行う場合は厨房にオンラインタッチ情報確認画面(iPad)を設置して注文内容を即座に確認することができます。
※オンラインタッチ情報確認画面オプション

食事予約オプションに食堂委託業者連携が含まれています。
予約の締め切り以降に食堂委託業者がその日の予約を確認し食材の調達や人員の配置を検討することが可能です。
フードロス、食品ロスを少しでも減らせるようにご導入をお奨めしています。
※食事予約オプション

運用篇

はい。対応しています。
社員TouchPayではAWS(EC2、ELB、RDS、S3、その他機能)を利用しております。

食事予約(Web・Touch端末)
弁当予約(Web・Touch端末)
社員用喫食確認Web画面
複数拠点管理(拠点追加)
厨房キッチンオンラインメニュー確認 
タッチ系音声変更
標準帳票出力項目変更
QRコード利用
食堂業者向け管理画面
iPadソフトウェアライセンス追加
タッチ音声変更

企業それぞれ運用方法が違いますので箇条書きでご回答いたします。
●予約運用による効果
-SDGs(Foodロス、食品ロス、ペーパーレス)の実現
●本業への投資、変革へ(DX)デジタルトランスフォーメーション
-食券を印刷する、当日の食券などの数える、確認する、食券を販売する、食券もぎる(名前の確認)、紙のチェックシートのチェックを数える、食券機の釣り銭用意、委託業者への連絡など人的作業をなくして本業への投資に時間を有効利用することができます。
●食券運用の廃止
-釣り銭用意の不要
-食券の廃止
-リース保守の更新不要
●委託業者とのやりとり
-予約によるフードロスの削減できます
-TEL or FAX注文の廃止できます(Web利用による)
-請求額、喫食個数の確認作業が明確になります
●給与天引きによる効果
-現金での食券販売管理不要
-コロナ禍による現金受け渡しの不安解消
-食事代の一括でCSVアップロードで簡単給与天引き
-食券機の前の列やチャージ機の行列待ち解消による福利厚生(従業員満足度)のUP
-食事手当などのデジタル化が明確
●社員証や入室管理カードがそのまま利用可能
-新しくカードを発行することなく既存カードでの運用で新規発行カードの設備投資を抑えます。

ピットタッチプロ2は、1メニュー1台利用が基本です。(表示は1台1メニューですが、ピットタッチ内部では6種類のメニューを手動で変更することは可能です)
例えば、A定食、B定食、麺類の3種類のメニューがあり、3列の並び列があるとすれば
3台のピットタッチプロ2を用意することをお奨めします。
ピットタッチプロ2はオペレーションをすることなくカードをタッチすだけで喫食管理できますので並び列に1台用意する運用に適しています。
オペレーションをすることなくカードタッチするだけですので間違いも少なくなります。

iPadは複数メニューのある食堂に適しています。
例えば、定食A、定食B、日替わり定食、うどん、そば、ラーメン、丼物、カレー、小鉢、フルーツ、デザート、ドリンク等選択式にピックアップする場合などに適応します。
それぞれの価格が異なり統一できない場合はiPad利用が便利です。
オペレーションとしては喫食するものを選択してカードをタッチする必要があります。
※タッチされたメニューを厨房側で確認するには厨房側に注文情報を表示するオプションが便利です。
※厨房表示オプションで対応しています。

TouchPay端末の寸法図
高さ14.5㎝
幅 11.5㎝
奥行 10.5㎝ 

プリンタによるレシート出力はカスタマイズで可能ではございますが
当社では昨今のペーパーレス、DX、SDGsを鑑み推奨はしておりません。
また半導体不足によりレシートプリンターの製造に影響が出ておりますので納期にも支障が出ております。
※オンラインタッチ情報確認画面オプションでペーパーレスが可能です。

はい。可能です。
スタンダードプランでご契約のお客様はカスタムプランへの変更の差額が必要となりますが
導入後でもカスタマイズをすることが可能です。スモールスタートで始め、運用に合わせてカスタマイズしていく企業様にも対応しております。
カスタマイズ内容によって価格が変動しますのでお問合せください。
※カスタムプラン変更によりクラウド料金が変更されます。詳しくはお問合せください。

はい。可能です。
導入後に拠点を追加する場合は拠点追加オプションが便利です。
また導入後のプラン変更も可能ですのでお気軽にお尋ねください。
※拠点追加オプション

はい。利用できます。
回線が不通な場合約1万件程のデータはカードリーダー自体に記録されます。回線が接続された時点で自動的にWebサーバーにデータが転送されます。

利用実績の業種TOP5をご紹介します。
1位 製造業(製品工場、食品工場等)
2位 医療,福祉
3位 宿泊業
3位 学術研究,専門・技術サービス業
5位 金融業,保険業

はい。対応しています。
無線LANアダプターを使用することで無線LANを利用することができます。
有線LAN、無線LAN、3G通信に対応したネットワーク機能を搭載しています。

対応ネットワーク
●有線LAN
●無線LAN
バッファロー社製 WLI-UC-GNM
バッファロー社製 WLI-UC-GNM2
バッファロー社製 WLI-UC-GNME
アイ・オー・データ機器社製 WN-G150UM
プラネックスコミュニケーションズ社製 GW-USNANO2A

はい。可能です。
社員区分によって割引率を設定したり、割引金額、テンビキ金額を設定することが可能です。
※カスタマイズプランで対応可能です。

はい。可能です。
カレンダーで休日を設定することが可能です。
休日に設定された日は予約不可となります。
※食事予約オプション、弁当予約オプション

ピットタッチプロ2の場合、食事を受け取る列に1台設置する場合が多いのでカードをかざす際の音で判断できますが
iPad複数メニューの場合は厨房で何を頼まれたかがわからないです。口頭にて購入したものを厨房のスタッフに伝えている会社様もございますが
注文内容の突き合わせを厨房側で行う場合は厨房にオンラインタッチ情報確認画面(iPad)を設置して注文内容を即座に確認することができます。
※オンラインタッチ情報確認画面オプション

はい。可能です。
社員証などのICカードをタッチすることで喫食データをクラウド上のデータベースに記録します。
食堂のペーパーレス、食券機レス、紙のチェックレスを実現します。
食券をもぎって裏に名前を記載するような作業もなくなります。
弊社にて給与明細も電子化のご提案も可能です。

食事予約オプションに食堂委託業者連携が含まれています。
予約の締め切り以降に食堂委託業者がその日の予約を確認し食材の調達や人員の配置を検討することが可能です。
フードロス、食品ロスを少しでも減らせるようにご導入をお奨めしています。
※食事予約オプション

導入篇

はい。対応しています。
社員TouchPayではAWS(EC2、ELB、RDS、S3、その他機能)を利用しております。

iPadにQRコードリーダーを装着することでQRコードが利用できます。
但し、個人ごとのスマートフォンを利用するかスマートフォンがない場合は紙カード等に印刷する必要があります。
※QRコードオプションで対応しています。

食事予約機能がございます。予約注文の締め切り日を設定することにより発注時に余計な食材を仕入れなくてもよくなりフードロス削減に効果があります。
食事予約は従業員のスマートフォンやPC、タブレットからの予約も可能ですので空き時間に食事予約をすることが可能になります。
また食事委託業者との予約個数の情報共有もWeb上で可能ですので便利なオプションサービスとなります。
※予約オプションで対応しています。

●FeliCaカード
FeliCa Standard RC-S850/860/880シリーズ(RC-S851/852を除く)、RC-S891、RC-S938
【以下はID情報の読み出しのみ対応】
FeliCa Standard RC-S830シリーズ、RC-S801/802、RC-S890
FeliCa Lite RC-S965
FeliCa Lite-S RC-S966
●Type A(ISO14443A)
MIFAREカード Standard 1K、Standard 4K、UltraLight
※ApplePayは利用できません

食事予約(Web・Touch端末)
弁当予約(Web・Touch端末)
社員用喫食確認Web画面
複数拠点管理(拠点追加)
厨房キッチンオンラインメニュー確認 
タッチ系音声変更
標準帳票出力項目変更
QRコード利用
食堂業者向け管理画面
iPadソフトウェアライセンス追加
タッチ音声変更

ピットタッチプロ2は、1メニュー1台利用が基本です。(表示は1台1メニューですが、ピットタッチ内部では6種類のメニューを手動で変更することは可能です)
例えば、A定食、B定食、麺類の3種類のメニューがあり、3列の並び列があるとすれば
3台のピットタッチプロ2を用意することをお奨めします。
ピットタッチプロ2はオペレーションをすることなくカードをタッチすだけで喫食管理できますので並び列に1台用意する運用に適しています。
オペレーションをすることなくカードタッチするだけですので間違いも少なくなります。

iPadは複数メニューのある食堂に適しています。
例えば、定食A、定食B、日替わり定食、うどん、そば、ラーメン、丼物、カレー、小鉢、フルーツ、デザート、ドリンク等選択式にピックアップする場合などに適応します。
それぞれの価格が異なり統一できない場合はiPad利用が便利です。
オペレーションとしては喫食するものを選択してカードをタッチする必要があります。
※タッチされたメニューを厨房側で確認するには厨房側に注文情報を表示するオプションが便利です。
※厨房表示オプションで対応しています。

TouchPay端末の寸法図
高さ14.5㎝
幅 11.5㎝
奥行 10.5㎝ 

プリンタによるレシート出力はカスタマイズで可能ではございますが
当社では昨今のペーパーレス、DX、SDGsを鑑み推奨はしておりません。
また半導体不足によりレシートプリンターの製造に影響が出ておりますので納期にも支障が出ております。
※オンラインタッチ情報確認画面オプションでペーパーレスが可能です。

お問合せから導入までの流れはこちらのページを参考にしてください。

はい。可能です。
スタンダードプランでご契約のお客様はカスタムプランへの変更の差額が必要となりますが
導入後でもカスタマイズをすることが可能です。スモールスタートで始め、運用に合わせてカスタマイズしていく企業様にも対応しております。
カスタマイズ内容によって価格が変動しますのでお問合せください。
※カスタムプラン変更によりクラウド料金が変更されます。詳しくはお問合せください。

はい。可能です。
導入後に拠点を追加する場合は拠点追加オプションが便利です。
また導入後のプラン変更も可能ですのでお気軽にお尋ねください。
※拠点追加オプション

専用のテンキーを装着することで任意の金額を設定することができます。
※テンキーオプションで対応しております。

はい。可能です。
従業員様はスマートフォンやPC、タブレット等インターネットを通して喫食確認をすることができます。
※社員用喫食確認Web画面オプション

はい。利用できます。
回線が不通な場合約1万件程のデータはカードリーダー自体に記録されます。回線が接続された時点で自動的にWebサーバーにデータが転送されます。

はい。可能です。
ご利用シーンに合わせてカスタマイズいたします。お気軽にお声かけ下さい。

見積、申込、問合せはこちらのフォームで受付けております。お気軽にご連絡ください。

利用実績の業種TOP5をご紹介します。
1位 製造業(製品工場、食品工場等)
2位 医療,福祉
3位 宿泊業
3位 学術研究,専門・技術サービス業
5位 金融業,保険業

はい。対応しています。
無線LANアダプターを使用することで無線LANを利用することができます。
有線LAN、無線LAN、3G通信に対応したネットワーク機能を搭載しています。

対応ネットワーク
●有線LAN
●無線LAN
バッファロー社製 WLI-UC-GNM
バッファロー社製 WLI-UC-GNM2
バッファロー社製 WLI-UC-GNME
アイ・オー・データ機器社製 WN-G150UM
プラネックスコミュニケーションズ社製 GW-USNANO2A

会社と労働者の過半数代表者との間で、賃金の一部控除に関する協定(労使協定)を締結し、協定書として保存する必要があります。
詳しくは各都道府県の労働基準監督署の総合労働相談センターなどに確認してください。

ピットタッチを使わずiPadを利用することで複数のメニューに対応しています。
1画面に最大6メニュー3タブに分けることも可能です(合計18メニュー)
※iPadソフトウェアライセンスで対応しています。

はい。可能です。
複数拠点オプションを利用することで本社でまとめて経理処理が可能です。
拠点ごとに分けて喫食CSVを出力したり期間を区切って喫食CSV出力をすることが可能です。
※拠点追加オプションで対応可能です

はい。対応しています。
スマートフォンやタブレット、PCからの予約やタッチパネルからの予約、1ヶ月分の予約等にも柔軟に対応しています。
※食事予約オプションにて対応しております。

はい。可能です。
カレンダーで休日を設定することが可能です。
休日に設定された日は予約不可となります。
※食事予約オプション、弁当予約オプション

食事予約オプションに食堂委託業者連携が含まれています。
予約の締め切り以降に食堂委託業者がその日の予約を確認し食材の調達や人員の配置を検討することが可能です。
フードロス、食品ロスを少しでも減らせるようにご導入をお奨めしています。
※食事予約オプション